公共サイン美術展

 

近広連事業で最も歴史の古い「公共サイン美術展」は、広告看板の品位を高め、かつ技術の向上と革新に寄与することを目的とし、近畿2府4県が持ち回りで実施しております。

毎年、ご当地のテーマをもとに100点近い作品が出展されますが、その作品のレベルの高さには定評があります。


第58回公共サイン美術展終了

第58回公共サイン美術展は、奈良県広告美術塗装業協同組合(奈広塗)がホストとなって開催され、

2日間の会期を無事終了しました。

ご出展、ご来場いただきました皆様、審査員の皆様に、厚く御礼申し上げます。

 

  • 会 期 平成30年10月6日(土) 10:00~17:00
            10月7日(日) 10:00~14:00
  • 場 所 奈良県文化会館 2F 小ホール
  • テーマ 「平城宮跡歴史公園 開園
          ~1300年の時を超えて~」
  • 主 催 一般社団法人近畿屋外広告美術組合連合会
  • 共 催 奈良県、奈良市
  • 後 援 国土交通省、一般社団法人日本屋外広告業団体連    合会(略称・日広連) 大阪府・京都府・兵庫県・     滋賀県・和歌山県・大阪市・京都市・神戸市・大    津市・和歌山市・堺市・公益社団法人日本サイン    デザイン協会・サインクリエーター協会・(株)塗    料報知新聞社・(株)マスコミ文化協会・(株)総合    報道