屋外広告物点検技能講習を実施します

平成28年4月28日に、国土交通省より「屋外広告物条令ガイドライン」の一部改正が発表されました。同ガイドライン第19条の2並びに、同ガイドライン運用上の参考事項第8の3の規定を満たす講習として、当会では公益社団法人日本サイン協会と連携し、公益目的事業として「屋外広告物点検技能講習」を開催致します。

本講習の目的は、業界共通の体系としてまとめた屋外広告物の点検に関する知識を、講習を通じ屋外広告物の制作・施工に携わる業者に普及することにあります。

講習はテキストの解説を中心に行います。講習の内容と時間は下表の通りです。受講者には修了証を交付します。

現在募集中の点検技能講習について

  • 日時   令和元年11月28日(木)  12時30分~(受付開始 11時40分~)
  • 場所   東播磨生活創造センター「かこむ」1F(加古川市加古川町寺家町天神木97-1) 
  • 定員   80名 
  • 締切   10月30日(水) 
  • 受講科目 ①点検基準 ②材料特性 ③構造特性 ④電気特性 ⑤法規条例 ⑥準備手順
         ⑦看板種類ごとの点検ポイント ⑧点検報告書・看板カルテ概説
             ⑨教材を使用した例示 ⑩測定器の使用
  • 受講料  12,000円(税込)  

申込方法

   詳細は日広連HPをご覧ください。申込みも日広連HPよりwebにて受け付けております。

 

 ※ (一社)日広連の組合員・(公社)日本サイン協会のいずれかに加盟の方と一般の方とでは

 受講資格等に違いがあります。