公共サイン美術展

 

近広連事業で最も歴史の古い「公共サイン美術展」は、広告看板の品位を高め、

かつ技術の向上と革新に寄与することを目的とし、

近畿2府4県が持ち回りで実施しております。

毎年、ご当地のテーマをもとに100点近い作品が出展されますが、

その作品のレベルの高さには定評があります。


第61回公共サイン美術展(令和3年10月30日~31日)

第61回公共サイン美術展は、和広美がホストとなり

令和3年10月30日(土)~31日(日)の2日間、和歌山市の「和歌山城公園 吹上口芝生広場」にて

「紀の国わかやま文化祭2021」をテーマに実施されました。

 

会期中は晴天に恵まれ、ホスト和広美と近広連技術開発委員会の皆さんの尽力により、全71点の

作品を展示し、多くの方にご観覧いただきました。